音楽

MIYAVIの生い立ち!サッカー少年から音楽に目覚めたキッカケとは?

世界各国でライブを成功させるギタリスト・MIYAVIさんの生い立ちが壮絶すぎると話題です!


プロサッカー選手が目標だったMIYAVIさんでしたが、ある日を境に音楽に目覚めます

MIYAVIさんが、音楽にのめり込んだきっかけや、ドラマティックすぎる経歴について、お届けしたいと思います。





MIYAVIとは?

MIYAVI雅 -MIYAVI-
  • 本名:石原貴雅(いしはら たかまさ)
  • 職業:ミュージシャン、実業家
  • 生年月日:1981年9月14日(38歳)
  • 出身:大阪市此花区
  • 身長:185cm

MIYAVIさんは、2人兄弟の長男として生まれました。

お父さんが韓国出身で日本に帰化した方で、お母さんは日本の方なので、MIYAVIさんは「ハーフ」です。





MIYAVIの略歴

MIYAVI蜷川実花撮影
  • 1989:兵庫へ引越、サッカー開始
  • 1994:セレッソ大阪ユース入団
  • 1996:サッカーを辞め、翌年ギターに出会う
  • 1999:ビジュアルバンド加入
  • 2004:ソロでメジャーデビュー
  • 2006:ロサンゼルスへ留学
  • 2009:melody.と結婚し独立
  • 2013:映画『不屈の男 アンブロークン』出演決定
  • 2014:ロサンゼルスに拠点を移す
  • 2017:UNHCRの親善大使に任命
  • 2018:パリ・コレでモデルデビュー
MIYAVImelodyさんと結婚10周年(2019年)

ハワイ出身の元歌手・melodyさんと交際期間1年未満の電撃結婚!

MIYAVI長女(ラブリ)・次女(ジュエリ)

MIYAVIさんの家族は、奥さん・2人の娘さんと4人で、ロサンゼルスに在住です。





MIYAVIがサッカー少年から音楽に目覚めたキッカケとは?

MIYAVI

今や独自の世界観とブランドを確立しているMIYAVIさん。

ここに至るまでにどんな道を歩んできたのでしょうか。

MIYAVIのサッカー少年時代

MIYAVI小学生のMIYAVI(中央)

小学校2年生から地元のサッカーチームに入団したMIYAVIさん。

中学1年で「セレッソ大阪」のジュニアユースに合格し、プロサッカー選手まっしぐらでした。

MIYAVI
  • 練習場まで片道1時間以上の往復
  • 学校の友人と距離が出来た
  • 戦略やコーチがどんどん変わる

MIYAVIさんは追われるような毎日から、「何のためにサッカーをやっているんだろう」と感じるように。





MIYAVIの中学高校時代

右足の骨折をきっかけに、MIYAVIさんはグレました

駅前で仲間と悪さをする毎日で、1ヶ月以上家に帰らない日も。

MIYAVITHE不良ですね!

落ちるところまで落ちたと語るMIYAVIさん。

人生の目標を見失っていた中、不良仲間と「モテるため」とバンドをノリで始めることに。

初めて弦を弾いた瞬間に、MIYAVIさんに電撃が流れたそうです。

この楽器が、再び自分を『ここじゃないどこか』に連れていってくれるんじゃないか

MIYAVIさんは、自分がスタジアムで演奏する姿が目に浮かんだと言います。

正に、MIYAVIさんが音楽に目覚めた瞬間です。

MIYAVI

音楽を教えてくれた先輩が急死したことをきっかけに、MIYAVIさんは高校を自主退学。

財布・PHS・タバコだけを持って、夜行バスで上京したのは有名な話。

超絶ロケンロールな人生って感じですよね!





MIYAVIのビジュアルバンド時代

MIYAVIMIYAVI(中央奥)

MIYAVIさんは、上京した先のライブハウスでビジュアル系バンドDué le quartz(デュールクォーツ)のメンバーと出会います。

MIYAVIさんが、たった一晩で作曲したことがきっかけで、バンドへ加入することに。

MIYAVI眉毛が衝撃的!!

作詞、作曲、編曲のほぼ全てを手掛けたMIYAVIさん。

2001年には香港ツアーやワンマンライブ敢行など、海外でも人気のグループへ伸し上がっていきました。

MIYAVI美人にも思えますね

しかし、MIYAVIさんが徹夜で作曲に励む一方で、人気に甘んじて遊び呆けるバンドメンバー達。

「世界」を目標に掲げるMIYAVIさんは、絶望感に苛まれ沖縄へ一人旅に出ます。

MIYAVI手首にデュールクォーツのタトゥー

沖縄で楽しく遊ぶアメリカ人を見ていると、「絶望してても仕方ない」と悩みが吹っ飛んだMIYAVIさん。

MIYAVIさんは、右手にバンド名を刻み、気持ちを入れ直しました。

人気絶頂のDué le quartzでしたが、結局メンバー間の溝は埋まらず2002年に解散





MIYAVIのソロデビュー

MIYAVIソロデビューを果たす!

才能を買われていたMIYAVIさんは、マネージャーからのアシストもありメジャーデビューを飾れることに!

2002年10月31日、ファースト・アルバム『雅楽-gagaku』をリリース。

2004年、大手・ユニバーサルミュージックからメジャーデビュー。

当時から、視線の先に『世界のトップ』を見すえていた。その本気度は群を抜いていた。自分の存在を世界に直接伝えようとデジタルやSNSでの発信にも、いち早く関心を持っていた(ユニバーサルミュージック社長・藤倉尚さん談)

MIYAVIド派手な化粧と衣装の「ネオビジュアル系」を創り上げたMIYAVIさんには、熱狂的ファンがつきました。





MIYAVIはロサンゼルスへ留学

MIYAVIサムライギタリストの異名はこの頃から

世界を舞台に活躍する為に「英語」が必須と感じたMIYAVIさんは、音楽活動を一度休止して、ロサンゼルスへ単身留学

日本人とは一切つるまずに、ストイックに英語習得に打ち込みました。

音楽をやれる時間に、なんで自分は、こんな小学生レベルの英語やってんだと泣きながら机に向かった。あき時間には路上に出て、即興ライブで実践を重ねた。
(出典:https://globe.asahi.com/article/11530292)





MIYAVIがSKINデビュー

MIYAVI

ある日、MIYAVIさんに大御所から声が掛かりました。

X JAPAN・YOSHIKIさんとGACKTさんが立ち上げるバンドに、MIYAVIさんを誘ったのです!

2007年、MIYAVIさんの加入が決定。

MIYAVIYOSHIKI・GACKT・MIYAVI

LUNA SEAのSUGIZOさんも迎え、『SKIN』というバンドを結成。

チケット販売開始後、アクセス殺到でサーバーダウンする程の絶大な人気ぶりだったようです。





まとめ

サッカー少年だったMIYAVIさんがロッカーになるまでの生い立ちを紹介してきました。

  • MIYAVIさんはギターとの出会いが音楽に目覚めたきっかけ
  • MIYAVIさんは上京後にビジュアル系バンドに加入
  • MIYAVIさんはバンド解散後にソロデビュー
  • MIYAVIさんはYOSHIKIさん達とバンドを組んだ経験も

MIYAVIさんのストーリーがドラマチックすぎますよね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【関連記事】