事件

ラップバトルとは何?やり方やルールを解説!喧嘩や乱闘への発展も?

ラップバトルの罰ゲームにより、高校生が死亡したという報道がありました。

「ラップバトル」とは、一体何なんでしょうか。

やり方やルールについて、カンタンに解説したいと思います。

喧嘩や乱闘への発展もありうると噂があるため、調査しました。





ラップバトル罰ゲームで高校生死亡

神奈川・川崎市の多摩川で19日夜、男子高校生がラップのスキルを競い合う「ラップバトル」の罰ゲームとして川に飛び込み死亡した。

19日午後9時40分ごろ、川崎市幸区の多摩川大橋から高校1年の太田羅月さん(16)が川に飛び込んだ。

警察や消防がおよそ30人態勢で付近を捜索したところ、およそ1時間半後に心肺停止の状態で川底に沈んでいるのが見つかり、病院に搬送されたが、まもなく死亡が確認された。

当時、太田さんは中学時代の友人5人と河川敷でラップのスキルを競い合う「ラップバトル」の勝負をしていて、負けた人が罰として川に飛び込むことになっていたという。

引用:FNNニュース





ラップバトルとは何?やり方やルールを解説!

ラップバトル引用:https://hominis.media/

ラップバトルとは、カンタンに言えば「ラップを使った口喧嘩」です。

「音楽に合わせて、交互にラップを歌っていくこと」が基本的なルール。

映画「8 Mile」映画「8 Mile」

発祥はアメリカで、30年以上の歴史があります。

2002年、映画「8 Mile」を観ると、ラップバトルの雰囲気が分かると思います。





ラップバトルのやり方は?

ラップバトルには、主に5名が必要とされます。

  • 司会(開始合図などの全体統括)
  • DJ(音楽を流す人)
  • ラッパー2名
  • 審判(勝敗をジャッジする人)

なんと、ラップバトルには全国大会もあるほど!

ラップバトルのルールは?

審査員が、下記の内容でパフォーマンスを見ていきます。

  • ラップがうまいか
  • イケてるか
  • 面白いか
  • 新鮮味があるか

サッカーのような、明確な点数勝負ではないのです。

表現という点においては、フィギュアスケートの性質に近いかもしれませんね。

その為、審査員によって判断基準にバラつきが出てしまいますので、「ポイント」が3つ設けられているようです!

  1. 韻の踏み方:独創的な韻が求められます
    例:ひっくり返すから、じっくり見とけ
  2. フロウ:「音楽」として聴き心地のいい歌い方か
  3. 即興性:考え抜いた来たコトバよりも、目の前の相手のラップに対しても返しているか

参考:上げる狼煙はハイテクノロジー





ラップバトルは喧嘩や乱闘への発展も?

ラップバトル口喧嘩という特性があるため、対戦相手と気まずい空気になることもあるようです。

とはいえ、ラップバトルはゲームなので「大乱闘」にまで発展するということは、ほぼ無いと言われています。

今回の事件においては、ラップバトル自体が問題だったわけではないと思われます。

詳細は報道されていませんが、「真冬に川へ飛び込む罰ゲームが横行していたこと」が問題ではないでしょうか。





ラップバトルに対するネットの反応





まとめ

ラップバトルについて、情報をお届けしました。

ゲームとして「ラップバトル」を楽しむ姿勢が、問われるのだと思います。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。