事件

【雨男失言】河野太郎大臣の全文は?マスコミの揚げ足取りと話題に!

河野太郎防衛相が、政治資金パーティーで「雨男」と発言したことが不謹慎だと波紋を呼んでいます。


河野太郎防衛相の話した全文は、いったいどのような構成だったのでしょうか?

ネットでは、マスコミの揚げ足取り・一部だけを切り取った言葉狩りじゃないかと反論が相次いでいます!

情報を見ていってみましょう。





河野太郎大臣が「雨男」と発言!

河野太郎防外相河野太郎防衛相

河野太郎防衛相が「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と発言したことが不謹慎すぎると、マスコミが報道しています。

この報道後に、河野太郎防衛相は「不快な思いをされた皆さまにおわびを申し上げたい」と述べ、陳謝しました。

「雨男」という言葉だけを聞けば、確かに軽率と思われても致し方ないです。

しかし、前後の話の流れが見えない中での報道の仕方に、視聴者は不審に思っています。





【雨男失言】河野太郎大臣の全文は?

河野太郎大臣河野太郎大臣

私はよく地元で雨男と言われた。

私が防衛大臣になってから既に台風が三つ、その度に災害派遣、自衛隊の隊員が出てくれ
ております。

今統合任務部隊で自衛隊3万1千人体制でこの災害・人命救助・入浴支援あるいは道路の警戒、災害廃棄物の除去、そういうものに隊員があたってくれています。

その他にも皆さんニュースでお聞きになった道志村で女の子が行方不明になった時、自衛隊が捜索に出動いたしました。

今、猛威を振るっている豚コレラこれにも自衛隊が出動して屠畜の支援をやっております。

あらゆるところで自衛隊の諸君に頑張ってもらっているわけですから、少しこの隊員の処遇改善っていうのをきちんとやらなければいかんと思っております。

かつては予算がないからトイレットペーパーは自分で買え、そういう時代がありましたが、そんなこと言ってる時代ではありません。

しっかりそういうものを用意しなければ、あるいか災害派遣に出動している自衛隊が体育館の床の上で寝ている、冷たい箸が折れそうなカチカチなご飯を食べている、そういう話がございました。

今、おかげさまで何とか簡易ベッドの上で、レトルトですけれども加熱した暖かい食事を食べられる。
そういう状況になりました。

いざという時に日本の国を守る、そして何かあれば災害のために出動する自衛隊、しっかりと皆様から尊敬され感謝され、そして彼らも誇りをもって私は自衛隊の一員であるそういえるような防衛省、自衛隊をしっかりと作ってまいりたい、そう考えているところでございます。

引用:https://twitter.com/mi2_yes/status/1188986588035895297?s=20





【雨男失言】マスコミの揚げ足取りと話題に!

河野太郎防衛相河野太郎防衛相

河野太郎防衛相の「全文」さえ読めば、悪い話なんてしていないではないかと思う人が圧倒的に多いようです。

たしかに、台風を被災された方々に対しては不快にさせた恐れはあるかもしれません。

しかし、「雨男」の部分だけ切り取って攻撃するのは、マスコミの揚げ足取りではないかという批判が殺到しています!





雨男失言に対するネットの反応

河野太郎大臣がこれまで信用を獲得されてきたということが、非常によく分かる出来事でしたね。





まとめ

河野太郎大臣の「雨男」発言について、情報をお届けしました。

  • 河野太郎大臣が「雨男」と発言した前後には、当然文脈があった
  • 被災者の方々を考えたら軽率な発言であった恐れもある
  • マスコミの報道の仕方が歪んでいるとネットで話題になっている

河野太郎大臣は謝罪されていますが、今後の動向が気になります。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。