事件

新型コロナ特措法に反対した18人は誰?共産党の見解とは

新型コロナウイルス対策の「特別措置法」は、参議院本会議で採決が行われ、賛成多数で可決・成立したと報道がありました。

賛成多数でしたが、18人が反対したようです。

一体、誰だったのでしょうか。





新型コロナ特措法に反対した18人は誰?

新型コロナ特措法に反対した18人一覧
  1. 井上 哲士(日本共産党)
  2. 伊藤 岳(日本共産党)
  3. 市田 忠義(日本共産党)
  4. 岩渕 友(日本共産党)
  5. 紙 智子(日本共産党)
  6. 吉良 よし子(日本共産党)
  7. 倉林 明子(日本共産党)
  8. 小池 晃(日本共産党)
  9. 田村 智子(日本共産党)
  10. 大門 実紀史(日本共産党)
  11. 武田 良介(日本共産党)
  12. 山下 芳生(日本共産党)
  13. 山添 拓(日本共産党)
  14. 高良 鉄美(沖縄の風)
  15. 木村 英子(れいわ新選組)
  16. 舩後 靖彦(れいわ新選組)
  17. 嘉田 由紀子(碧水会)
  18. ながえ 孝子(碧水会)

共産党は、全員反対していることが分かります。





新型コロナ特措法に反対した共産党の見解とは

共産党の小池書記局長は、「厳しく監視」が要ると述べました。

共産党の小池書記局長は、記者団に対し以下のコメント。

  • 緊急事態宣言を出す際に専門家の意見を聴くための条文がないなど、質疑で、さまざまな問題が明らかになる中、可決・成立させられてしまったことは、大変、遺憾だ。
  • 私権の制約など、恣意的(しいてき)な運用がなされないよう厳しく監視していきたい。

引用:NHKニュース





新型コロナ特措法に対するネットの反応