事件

高山義浩(医師)の経歴や学歴が超エリート?!妻や子供などの家族構成は?



岩田健太郎医師が、ダイヤモンドプリンセス号のコロナウイルス対策に批判する動画をYou Tubeに投稿したことが話題になっていますね。

その一方で、高山義浩医師が、自身のFacebookに岩田健太郎さんの動画に対する見解を述べています。

高山義浩医師とは、一体どんな人物なのでしょうか?





高山義浩医師が岩田健太郎医師に反論!

高山義浩高山義浩

高山義浩氏は、厚生労働省の参与でダイヤモンドプリンセス号の現場対応をされた医師の方です。

また、岩田健太郎氏の動画に対するコメントが話題になっていますね。

ダイヤモンド・プリンセスの中はグリーンもレッドもぐちゃぐちゃになっていて、どこが危なくてどこが危なくないのか全く区別がつかない

岩田氏が「ぐちゃぐちゃ」と表現した船内のゾーニング(安全なエリアと危険なエリアの区分け)について、「感染管理の専門家が常駐し、ゾーニングも行っていた」と説明した。また、19日に岩田氏の事実誤認を指摘した高山義浩医師については「厚生労働省の参与で、現場で対応された方だ」と述べた。

引用:毎日新聞

高山義浩医師の反論は、以下の内容でした。

感染症医として「グチャグチャ」と表現されるのは、わからないことも有りません。
でも、実際はゾーニングはしっかり行われています。完全ではないにせよ…。

たしかに、先進国の病院であればあるいは途上国でセットされるNGOや国際機関による
医療センターであれば、もっと洗練された感染対策が実施されるでしょう。

でも、いきなり約3,700人の乗員・乗客(しかも高齢者が多い)において新興感染症が発生した船舶…というミッションは極めて複雑なのです。

私は海外でのNGO活動に関わったことがありますし、現在も国際NGOの理事を務めていますが、どんなNGOであっても、あるいは医療機関であっても、これが混乱状態から始まることは避けられないでしょう。

この2週間が反省すべきところがなかったとは言いませんが、ここまで現場はよく頑張ってくれたなと私は思います。精神論と嘲笑されるでしょうが…。

引用:高山義浩のFacebook

この反論に関しては、賛否両論が挙がっているようです!





高山義浩(医師)の経歴や学歴が超エリート?!

高山義浩引用:Twitter

高山義浩医師は、福岡県生まれで現在は沖縄県在住だそう。

WikipediaやFacebookプロフィールにも、詳細な年月日の記載はありませんでした。

経歴や学歴などは公開されていますので、お届けしたいと思います。

学歴

  • 東京大学医学部保健学科卒業
  • 山口大学医学部医学科卒業

経歴

  • フリーライターとして世界の貧困と紛争をテーマに取材を重ねる
  • 国立病院九州医療センター
  • 九州大学病院
  • 佐久総合病院
  • 厚生労働省
  • 現在、沖縄県立中部病院の感染症診療に従事

著書

  • 『ホワイトボックス 病院医療の現場から』(産経新聞出版、2008年)
  • 『地域医療と暮らしのゆくえ 超高齢社会をともに生きる』(医学書院、2016年)など多数

東京大学の医学部卒業や本の出版など、誰がどう見ても超エリートですよね!





高山義浩(医師)の妻や子供などの家族構成は?

高山義浩高山義浩医師のFacebookを調査しましたが…家族構成などに関するプライベートな情報は全く掲載していないようでした。

高山義浩医師のご年齢的にも、家族はいらっしゃるような雰囲気はありますよね。

影響力のある方だからこそ、プライベートを大事にされているのかもしれません。





高山義浩に対するネットの反応





【関連記事】