事件

【分かりやすく】河井案里の会見が炎上?!国会欠席も1400万円超の収入と話題に!

2ヶ月半の雲隠れ生活をしていた河井案里議員が、行なった会見が炎上しているようです!

なんと国会欠席していた期間にも、河井案里議員と河井克行議員夫婦の間には、1400万円以上の収入があったと報道されています。

河井案里議員の発言が炎上したポイントをまとめました。





【分かりやすく】河井案里の会見が炎上?!

自民党の河井克行前法務大臣と妻の河井案里参院議員が、2020年1月15日の午後10時過ぎに、報道陣の取材に応じました。

河井案里議員は、公職選挙法違反についての明言は避けた上で、「捜査に協力して真実を明らかにする」と発表。

議員辞職はせず、自民党からの離党もしない意向も示しました。





河井案里が会見で炎上した6つのポイントとは?

  1. 取材陣を夜遅くに一方的に呼び出す
  2. 刑事告発についての説明は無し
  3. 議員辞職も自民党離職もしない
  4. 国会議員も病気になるので、歳費を返すつもりはない
  5. 「日本を変えたい」という発言
  6. 会見終了後の笑顔

カンタンに言うと、「説明になっていないお詫び会見」であったという訳です。

河井案里は2ヶ月半の間に何を?

国会に登院していなかったが、これまで何をしていたのか
私は適応障害という疾病を抱えていて、その悪化の兆候が見られたので、療養していた

河井案里は議員辞職しない

自民党を離党する考え、もしくは議員辞職する考えは?
皆様方には本当にご心配おかけをして誠に申し訳なく思っているが、今そのような考えはない。とにかくしっかりと事実を明らかにしていくために、捜査機関に協力をしていく考え





河井案里の刑事告発について

週刊文春を訴えるつもりは?
もちろんいろいろ申し上げたいこと、また私自身、いろいろと調べて、中途半端な状況だが、把握している事実もあるが、しかし、捜査機関をによる厳正な捜査、そして公明正大な捜査というのが一番であると私は考えている。まずは、捜査機関に全てお委ねをするということだ。
ウグイス嬢の件なのか、買収の件なのか、報告は受けているか
全く存じていない。
確認だが買収はしていないという理解でいいのか。
ええ、そのことについても、ただ今捜査中なので、なかなかはっきりと申し上げることができないことをお許しいただきたい。





河井案里の適応障害について

河井案里適応障害と告白したが…
通常国会からは出席するのか。
ええ、体調を見ながらだが、そのようなつもりだ。
適応障害ということだが、通院の状況とか、今後、これまでも含めて入院されていたかとか、健康状況については。
私は、適応障害にかかって今年に入って8年ほどになる。昨年ごろから回復期に入ったというふうに、医師そして臨床心理士の先生方から言っていただいている。これからも加療を続けながら、螺旋階段を登るような状態でしか、なかなかこの疾病というのは回復しないわけだが、加療を続けながら政治活動を続けてまいりたいと思っている。
通院はどの程度の頻度で。
これは本当にプライベートなことなのでなかなか申し上げるのも・・・荷が重いことだが、投薬治療を月に1回、そして、臨床心理士によるカウンセリングを週に3回ほど受けている





河井案里の収入について

説明もないままにずっと国会も休んでいたが、その間の給与ないし、歳費を返還するお考えは。
大変申し上げにくいが、私は、病気療養をしていた。皆様本当に健康でいらっしゃるのが一番かと思うが、国会議員の中にももちろん病気になられる方はいるわけだ。そのような方々がいらっしゃる中で、そうした決断をするというのはちょっと難しいかなと思っている。

河井案里が抱く思い

国会議員を続けるというのはどのような思いで続けるのか。
日本を変えたいからだ。

河井案里の笑顔がヤバイ

河井案里会見終了後にこぼれた笑顔…

河井案里議員のこの笑顔に対しても、批判が殺到しました。

参考:テレ東NEWS





河井案里は国会欠席も1400万円超の収入と話題に!

河井克行・河井案里河井克行・河井案里

疑惑発覚以来、2人はそろって国会を欠席。この間、歳費や文書通信交通滞在費、期末手当などで総額1400万円余りが支払われていたことに対し、国民の怒りは頂点に達しつつある。ところが、案里氏は「捜査に全面的に協力する」と言うばかりで詳しい説明は一切せず。議員辞職や離党についても「そのような考えはない」と語っていた。

引用:日刊ゲンダイ

2ヶ月半もの間、国会を欠席していた河井案里議員ですが、夫婦揃って1400万円以上の収入があったと報道されています!

「病気だったとしても、さすがに酷い」と、視聴者からは批判が殺到しています。





河井案里に対するネットの反応





【関連記事】