トレンド

【画像】小柳ルミ子の若い頃が可愛いすぎる!宝塚首席時代から現在まで!

2019年11月2日放映の『有吉反省会』に出演する小柳ルミ子さんの若い頃が可愛いすぎると話題になっています!

小柳ルミ子さんは宝塚歌劇団に所属していた過去があり、なんと首席で卒業されていたとのこと!

そんな小柳ルミ子さんが美人すぎる若い頃から現在に至るまでを、画像で振り返ってみましょう。





【画像】小柳ルミ子の若い頃が可愛いすぎる!

小柳ルミ子『有吉反省会』に出演する小柳ルミ子さん

小柳ルミ子さんは、御年67歳とは思えない程のパワフルさと美貌を兼ね備えていらっしゃいますよね!

今でも美人な方ですが、小柳ルミ子さんの若い頃がめちゃめちゃ可愛いと話題になっています!

小柳ルミ子小柳ルミ子さんの若い頃です!

目がキラキラしていて、ちょっと八重歯なところがめちゃめちゃ可愛いですよね。

小柳ルミ子レトロな感じが、小柳ルミ子さんの可愛らしさを更に強調します!

間違いなくモテてていたはず!

小柳ルミ子の若い頃に対するネットの反応

小柳ルミ子





【画像】小柳ルミ子の宝塚首席時代から現在まで!

小学生時代の小柳ルミ子さん小学生時代の小柳ルミ子さん

小柳ルミ子さんは、幼い頃から「歌手」を夢見る少女でした。

福岡県にある「筑紫女学園中学校」を卒業後、宝塚音楽学校に入学することになった小柳ルミ子さん。

小柳ルミ子の宝塚音楽学校時代

小柳ルミ子引用:小柳ルミ子さんのInstagram

小柳ルミ子さんは宝塚歌劇団のトップスターになりたかったわけではなく、宝塚の知名度を利用し「歌手」を目指したのです。

宝塚音楽学校に在学中の小柳ルミ子さんは、「渡辺プロダクション」に対して歌手になりたいと申し出たのです!

めちゃめちゃ賢い女の子ですよね!

引用:小柳ルミ子さんのInstagram引用:小柳ルミ子さんのInstagram

渡辺プロの回答は、下記でした。

宝塚を首席で卒業したら歌手にしてあげる

1970年、小柳ルミ子さんは宝塚音楽学校を見事に「首席」で卒業!

「夏川るみ」の名で宝塚歌劇団に入団し、初舞台は経験したものの、2か月で退団しました。





小柳ルミ子の芸能界デビュー

小柳ルミ子いきなりNHKデビュー

1970年、宝塚歌劇団を退団した小柳ルミ子さんは、歌手デビュー前の宣伝としてNHK連続テレビ小説『虹』で女優デビュー。

1971年4月25日、小柳ルミ子さんはとうとう歌手デビューを果たしました!

小柳ルミ子作曲家・平尾昌晃さんのプロデュースによる歌『わたしの城下町』で、160万枚の大ヒットを記録!

レーベルは、ワーナー・ブラザース・パイオニア(現在のワーナーミュージック・ジャパン)でした。





小柳ルミ子が大澄賢也と結婚!

大澄賢也・小柳ルミ子大澄賢也(24歳)・小柳ルミ子(37歳)

1989年、13歳年下の無名ダンサー・大澄賢也と小柳ルミ子さんが電撃結婚!

2000年、11年の結婚生活を経て離婚されました。





小柳ルミ子が日本アカデミー賞受賞

小柳ルミ子1983年公開『白蛇抄』で主演となった小柳ルミ子さん。

その迫真の演技で、第7回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞されました!

1994年、ドラマ『家なき子』に出演した小柳ルミ子さん。

安達祐実さんが演じる主人公・相沢すずを執拗に苛める伯母・園田京子役の好演で話題になりました!

小柳ルミ子・志村けん小柳ルミ子・志村けん

ときには、『ドリフ大爆笑』に出演するなど、その才能をマルチに発揮されていた小柳ルミ子さん。





小柳ルミ子の2019年現在

小柳ルミ子(2018年)

現在の小柳ルミ子さんは、芸能界屈指のサッカー好きとして知られています!

もともとスポーツ好きでしたが、デビッド・ベッカムでサッカーに興味を持ち、リオネル・メッシを見て一気に引き込まれました。メッシは神様のような人。

引用:テレビマガジン

海外サッカーがきっかけで、サッカーの虜になったようですね!

現在では、サッカー関連の著書を出版したり、試合の副音声ゲストなど活躍の場を広げている小柳ルミ子さんです。

 





小柳ルミ子のプロフィール

小柳ルミ子
  • 本名:小柳 留美子
  • 別名:夏川るみ・rumico(旧芸名)
  • 生年月日:1952年7月2日(67歳)
  • 出身:福岡県福岡市早良区
  • 学歴:宝塚音楽学校
  • 活動期間:1970年 – 現在
  • 事務所:プラチナムプロダクション





まとめ

小柳ルミ子さんの若い頃から現在に至るまでの画像や情報をお届けしました!

女優に歌手、サッカー解説など多方面に活躍されている小柳ルミ子さん。

色気もありつつエネルギッシュで、めちゃめちゃ人生を謳歌されている感じですよね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。