トレンド

【即位礼正殿の儀】天叢雲剣で皇居に雨が降るファンタジー?虹もかかった!

「即位礼正殿の儀」が皇居宮殿で執り行われましたが、朝から東京は雨。


しかし、儀式が終盤に差し掛かる頃、なんと皇居をまたがる形で虹がかかったのです。

天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)は三種の神器の1つで、雨を降らせる剣と言われています。

これらの神秘について、カンタンにお届けしたいと思います!





【即位礼正殿の儀】天叢雲剣で皇居に雨が降るファンタジー?

三種の神器三種の神器

日本の歴代天皇が継承してきた三種類の宝物を、「三種の神器」と呼びます。

  1. 八咫鏡(やたのかがみ)
  2. 八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
  3. 天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)

左側にある「天叢雲剣」は、通常は名古屋市にある「熱田神宮」に奉納されています。

しかし、天叢雲剣は一度外に出すと「雨雲を呼び寄せ雨を降らせる」と言い伝えられているのです。

劔担当の侍従劔担当の侍従
  • 2019年5月1日、「退位の儀」も雨
  • 2019年10月22日、「即位礼正殿の儀」も雨

皇位継承に使われる三種の神器の1つである、「天叢雲剣の伝説」が世間を賑わすのも分かりますよね!

未だに千年以上前の剣が「効果」も発動させるって、ファンタジー。

ジパングは、神秘に満ち溢れていてやっぱり面白い国ですね。





天叢雲剣がトレンド入り!





【即位礼正殿の儀】皇居に虹がかかった!

こんなに低い虹はほとんど無いそうです!こんなに低い虹はほとんど無いそうです!

「即位礼正殿の儀」が終盤に差し掛かった頃、東京の雨があがり「虹」がかかったのです!

リアル版「天気の子」だとネットはザワツイています!





皇居の虹がかかった際のネットの反応





まとめ

「即位礼正殿の儀」で雨が降り、最後には虹がかかるというファンタジーについてお届けしました。

日本神話について改めて、学んでみたい知りたいという欲求が出てきてしまいます。

日本って、本当に不思議で面白い国ですね!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【関連記事】

【即位の礼】雅子様の十二単姿が綺麗すぎると話題に!唐衣が美しい画像も!

【動画】雅子様の英語スピーチが衝撃的!6ヶ国語の語学力があると話題に!