トレンド

【台風19号】風速70メートルとはどのくらい?威力と破壊力がヤバすぎる!

台風19号2019の上陸がいよいよ近づいてきています。


最大瞬間風速70メートル近くに及ぶと言われている「台風19号」ですが、一体どのくらいの威力なのでしょうか。

とんでもない破壊力を動画でご覧ください。

また、最大瞬間風速と最大風速の違いについてもお届けします!





【台風19号】風速70メートルとはどのくらい?

2015年台風15号の通過時に石垣島で最大瞬間風速71.0m/s【2015年台風15号】最大瞬間風速71m

過去最大級だという台風19号は、「最大瞬間風速70メートル」の恐れがあると報道されています!

一体、風速70メートルとはどのくらいの威力なのかを動画で観てみましょう。

とてつもなく強烈で、台風19号がどれだけヤバイかがわかります。

風速60メートルでトラックは横転し、人は当然立っていられません。

35メートルでもビニール傘や濡れた雑誌が当たれば、窓ガラスは粉々だ。

自転車も飛ばされるので、屋外のものはできるだけ屋内に。網戸も飛ぶので固定。エアコンの室外機もロープなどで固定したほうがいいという。

引用:JCASTテレビウォッチ

恐怖を感じるほどの風の強さは間違いないと、何度もニュースで報道されていますね。





【台風19号】風速70メートルの威力と破壊力がヤバすぎる!

風速70メートルとは、1958年の「狩野川台風」に匹敵するとも言われています。

  • 家具家電も飛ばされるほど
  • トラックは横転し、自転車は飛ばされる
  • 小石が当たるだけで、窓ガラスは粉々
  • エアコンの室外機、網戸も吹っ飛ぶ

これほどの威力があるということです。

今すぐにでも、屋外のものを屋内に入れましょう。





最大瞬間風速と最大風速の違いとは?

最大瞬間風速と最大風速の違い

平均風速や瞬間風速の最大値を「最大瞬間風速」と呼びます。

  • 最大瞬間風速:瞬間風速の最大値
  • 最大風速:10分間の平均風速の最大値

一般的に、瞬間風速は平均風速の1.5から2倍近い値になります。暴風警報が発表され、「25メートルの暴風の恐れがある」といった場合、瞬間風速では50メートル近い風が吹く可能性がありますので、注意が必要です。

引用:https://mainichi.jp/articles/20150227/mul/00m/040/00800sc





まとめ

台風19号の風速70メートルがどのくらいの威力なのかをお届けしました。

10月11日のうちに、できることをやっておきましょう。

【関連記事】

台風19号2019名古屋いつ上陸?電車や新幹線の影響は?対策備えも!

台風19号と台風15号の比較がヤバイ!風速70m動画が狩野川台風並みと話題に?