トレンド

台風19号2019名古屋いつ上陸?電車や新幹線の影響は?対策備えも!

超特大の台風19号が、2019年10月の三連休に直撃すると報道されています!


台風19号(ハギビス)は、愛知県名古屋市にいつ上陸するのでしょうか。

史上最強クラスのサイズということですが、電車や新幹線への影響についても調査しました。

また、台風への対策や備えについてもまとめました!

※2019年10月11日23時情報更新





台風19号2019名古屋にいつ上陸(接近)?

台風19号(ハギビス)左:台風15号(9月) 右:台風19号(ハギビス)

2019年に入って最も強い台風で、関西、東海、関東と広いエリアで影響が心配されています。

台風19号2019は、海面の水温が高い海域を北上していて、大型で猛烈な勢力と報道されています。

台風19号(ハギビス)台風19号(ハギビス)の進路

2019年10月12日土曜日の午後3時には、東海地方全域(名古屋)が予報円に入っています!

10月12日の午後、名古屋は暴風域に入る可能性が非常に高くなっているので、外出は控えた方が良さそうです。

※2019年10月11日23時情報更新





台風19号2019名古屋の電車や新幹線の影響は?

台風19号引用:ウェザーニュース

10月11日23時現在で、「計画運休」に関する速報が出ました!

  • 東海道新幹線は10月12日:「東京-名古屋間」運転取りやめの決定
  • 東海道新幹線は10月12日:「名古屋-大阪間」本数減で決定
  • 東海道新幹線は10月13日:本数減運転取りやめの可能性あり

最新情報はが入り次第、さらにアップデートしていきたいと思います。

JR東海は11日、台風19号の接近に伴い、12日の東海道新幹線は東京―名古屋間で始発から運転を終日取りやめると発表した。名古屋以西は、名古屋と新大阪をそれぞれ午前6時台に出発する「のぞみ」「ひかり」「こだま」を上下各1本ずつ走らせるが、その後は運転を終日取りやめる。

13日は線路の安全を確認したうえで運転を再開するが、運転本数が減ったり、運休したりする可能性があるという。

引用:朝日新聞

※2019年10月11日23時情報更新





台風19号2019の対策備えも!

台風19号暴風対策

  • エアコンの室外機にカバーをする
    ※エアコンの室外機から暴風が入り、部屋のエアコンからゴミが降ってくる
  • 物干し竿を外しておくか、固定
  • 自転車、植物は家の中へ避難させる
  • 玄関のドアを開けない(閉まる際に大怪我の恐れ)
  • 車に乗らない(車のドアを開けて周辺の車にぶつける恐れ)
  • 窓枠から水が浸水する恐れがあるため、雑巾・新聞紙などを準備
  • 雨戸シャッターがある家は、閉める
  • 雨戸シャッターが無い家は、ガラス飛散防止フィルムを貼る
  • 養生テープを窓に貼るだけでも!
  • カーテンも閉めておく
  • 傘はささない
  • ブルーシート、ガムテープの準備
  • 雨樋のチェック(砂や枯れ葉が詰まっていないか)

停電対策

  • スマホのモバイルバッテリーを充電しておく
  • 懐中電灯、ロウソクの準備
  • 浴槽に水を貯めておく(断水時に備える)
  • 冷蔵庫の腐りやすいものは無くす
  • 保冷剤を出来るだけ多めに凍らせておく
  • 断水時に役立つ簡易歯磨きを準備
  • 停電したら、ブレーカーOFF(通電火災対策)
  • 暇つぶしの遊び道具を準備
  • パンや缶詰などの災害食の準備
  • ゴハンを炊いておにぎりにしておく
  • 洗濯物をためない
  • ミネラルウォーターの準備
  • 車にガソリンを満タンに入れておく
  • カセットボンベの準備
  • キャッシュレス派も、2週間分の現金を下ろす

冠水対策

  • 水洗トイレ逆流対策
    45Lのゴミ袋を2枚重ね、20L水を入れて口を閉じフタをする

台風19号に対するネットの反応





まとめ

台風19号2019の猛威について情報をお届けしてきました。

  • 名古屋へは、10月12日午後に上陸の見込み
  • 東海道新幹線は10月12日昼前から本数減、運転取りやめ予定
  • 東海道新幹線は10月13日も同様に本数減、運転取りやめの可能性あり

備えあれば憂いなしですので、外出は出来る限り控え準備できるものは準備して台風を迎えるのが安心かと思います!

※2019年10月11日23時情報更新

【関連記事】

【台風19号】風速70メートルとはどのくらい?威力と破壊力がヤバすぎる!

台風19号と台風15号の比較がヤバイ!風速70m動画が狩野川台風並みと話題に?