トレンド

花田優一歌手デビュー!歌がうまいのに非難殺到!ロンブー淳が擁護。

花田優一さん 歌がうまい

何かとお騒がせな花田家の人々。
その花田家から、花田優一さんが歌手デビューしました。
その歌声が、清水翔太か、スキマスイッチかと思うほど上手なんです!

花田優一さんと言えば、お父さんは元横綱の貴乃花光司さん。お母さんは元フジテレビアナウンサーの河野景子さん。
そんな花田優一さんが今度は歌手デビューしたことにより、世間から非難が殺到しています。
歌がとても上手なのに、なぜそんなに非難されてしまうのでしょう。
詳しく見ていきましょう。





花田優一さんのプロフィール

名前:花田優一
生年月日:1995年9月27日
出身地:東京都
学歴:青山学院中等部・高等部卒業
家族:貴乃花光司(父)河野景子(母) 貴ノ花利彰(祖父)藤田紀子(祖母)
職業:靴職人・画家・歌手

青山学院高等部卒業となっていますが、高校卒業後イタリア、フィレンツェの専門学校アカデミアリアチで1年間靴の勉強をしています。





花田優一さんは歌がうまい!

花田さんは歌手デビューにあたり、歌詞も作曲もジャケット写真も、PVもすべてご自身でプロデュースされたそうです。
デビューを考えたきっかけも

「飲み仲間とカラオケで歌っているうちに、『いけるんじゃない?』と話が進んだ」

というとっても軽いもので、ボイストレーニングなども一切せず、「ありのままの自分を見てほしいので……」と言っていたそうです。

それでも、スキマスイッチか?清水翔太か?と疑ってしまうほどきれいな歌声ですね。





花田優一さんはなぜ叩かれる?

花田優一さんは2世タレントとして2016年ごろからテレビに出るようになりました。
大々的に貴乃花光司の息子という事でテレビに出ているというのと、大物芸能人に対しても態度が大きく謙虚さが無いというところでまず好感が持てないという人が多いようです。
また、タレントなのか靴職人なのかあいまいなままタレント活動をしていることや、靴職人としての修業期間が短すぎること、その割に花田さんの靴が高価すぎること、靴の納期が長すぎること、納期遅延のトラブルがあったこと、1年で離婚してしまったことなどなど様々なことが反感を買ってしまうのかもしれません。





花田優一さんに今回寄せられた非難とは

普段から、何をしていても非難されてしまうという花田さん。
餃子屋さんで餃子を食べていたら、「こいつ靴も作らないで餃子食ってやがる」と言われてしまうほど。
本人が「日本中、こんなかんじです。」と苦笑いしていました。
なので、今回歌手デビューをするという話題が出ると、靴づくりはどうなっているのか、本業は何なのかなど疑ってしまう人が多いのでしょう。

親の七光で仕事を与えてもらってる彼は全てが中途半端。
何かを成し遂げた訳ではないし正直才能も無いと思う。
まずは本業とされている靴職人を真面目にやったらどうでしょうか?
それも出来ないで色々やるのはどうかと思うし、親の名前が無くて色々やるならまだしも、結局は親の名前で仕事をしているだけでマルチに活躍と言われてもね。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9fcff30c213d206a86a177a5b57c2e6b5fd2603c/comments

仕事と趣味は違う!これまでを観ていると、これで飯を食っていくんだ!と言った気迫を感ぜられない?どれも極める域までは達していないし単に多趣味なだけ、としか見れない。確かに趣味が実益となる事例もあるが、それは持って生まれた天性の様なものがあり、それなりの努力の積み重ねの結果であり、次から次にあれやこれやと全てに成功に繋がるものでは無い。その観点から世の中舐めてんのか~と言いたいのは私だけでしょうか?僅か一年足らずの修行でうん十万の靴を売り、僅か一曲の歌で紅白出場?全て周りが甘やかしてるだけで、それを自分の実力と勘違いしている苦労・世間知らずの「お坊ちゃま」やがて皆離れて行くよ。。。気付いてももうその時は遅い!?
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9fcff30c213d206a86a177a5b57c2e6b5fd2603c/comments

ほんとコイツは何を目指しているのか理解に苦しむ…。いくら親の七光りでも調子に乗り過ぎ。世の中にコイツの需要があると思えない。
待たせてる客がいるんなら靴作ってたらいい。本当にコイツの作る靴を待ってる客がいるのかも微妙…。自分ならわざわざこんな芯の無いヤツの作る靴を欲しいとは思わない。歌もいらない…。
引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/9fcff30c213d206a86a177a5b57c2e6b5fd2603c/comments





花田優一さん歌手デビューしても靴はちゃんとつくってる?

画家もして歌手活動もして、靴をちゃんと作ってるの?と疑われても仕方ありません。

花田さんは2020年10月8日に朝の情報番組グットラックに出演されました。

予定のない日は毎日ここ(工房)来ています。一日8時間から10時間ほど(靴づくりを)やったり、間に合わない時はちょっとここで寝てやったり、はありますね。
ほんと後悔してますね。こんな大変な仕事何で選んだろうみたいな。
引用:グットラック2020年10月8日放送

これを聞くと、意外と真面目なんじゃないかなと思ったりしますよね。
以前トラブルになった靴の納期についても、

自分は大手のブランドなどで働いたことは無いから、お客さんからいろいろご指摘をいただいて成長させていただいている。

納期については9割のお客さんがいくらかかってもいいから作ってほしいと言っていて、
待っていてくれるお客さんには今どのくらい作っていますと言う連絡をする努力をしています。

引用:グットラック2020年10月8日放送

という事でした。
番組内ではお客さんに対していろんなひな形の契約書を用意しちゃんと契約をすることでトラブルになることも防げるのではないかと助言されていました。





花田優一さんにロンブー淳が擁護

「本業は何?」という質問に対して、

本業というワードに固執しないようにしている。自分というフィルターを通して作品で表現しているだけ。
いろんなものから刺激を受けていいものを作り出している、日本の肩書社会に対して疑問を持っている
趣味を仕事にしているだけで、そのかわり僕はアマチュアですといって逃げたりはせずに、僕はこの肩書で戦えます
引用:グットラック2020年10月8日放送

と言っていました。

それに対して、ロンブー淳さんは

花田さんについて勘違いしてました。僕も周りは芸人だっていうけど、自分は芸人だと思ってなくて、その肩書が、周りがあーだこーだ言うけど、俺の人生俺がやりたいことをやりたいと思っているから、まさに考え方は同じなんです。俺も肩書こだわらないし
引用:グットラック2020年10月8日放送

とおっしゃっていました。





花田優一さんが歌手デビュー まとめ

靴も作って、絵も描いて、歌も歌って、マルチに活動されている花田さん。
きっとこれが親を公表せず、親の力を借りずにしていることならこんな非難を浴びる事も無かったのかもしれません。

親が有名人で、親がたくさんお金を持っていて、となると世間をなめている、親の七光りでと反感を買いやすいのでしょう。
何をしても反感を買ってしまう花田さんが少しかわいそうな気もしますが・・・

とはいえ、ちゃんと話してみれば好青年でまじめで、絵も上手で、歌も上手な花田さんなので、歌手デビューも顔を出さずに名前を変えてCDを出して売れれば世間も認めてくれたのかもしれませんね。

以上、花田優一さん歌手デビュー!歌がうまいのに非難殺到!についてまとめてみました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。