スポーツ

【炎上】桃田賢斗会見の記者は誰?無神経な質問にドン引きと批判殺到!

桃田賢斗選手が事故後に初の会見を開いたのですが、記者の質問がネットで炎上しているようです。

記者は、フジテレビでスポーツ局に勤める人なんだとか。

質問内容が無神経すぎると批判が殺到していますので、内容を見ていってみましょう。





【炎上】桃田賢斗会見の記者は誰?

桃田賢斗選手が会見を開き、記者からの質問に回答。

事故の件や怪我の状況、今後に関する質疑応答を目的とした会見でした。

そんな中、ある記者が唐突にぶつけた質問が物議を醸しています。

この事故はアンラッキーでしたか?なにか糧になると考えてラッキーと感じましたか?どちらでしたか?

桃田賢斗選手を気遣うどころか、あまりにも不躾すぎる発言に嫌悪感を訴える人が殺到。

質疑応対は、動画で20分50秒頃です。

この記者のフルネームは不明ですが…フジテレビの記者で「佐々木」と名乗られていました!

実はこの質問の主、フジテレビのスポーツ局でバドミントンを担当する男性記者だった。
フジのスポーツ局関係者はガックリ肩を落としながら、こう憤る。

「桃田選手は憤慨しているようで、所属先のNTT東日本から厳重注意を受けました。日本バドミントン協会もブチ切れている。しかも民放は五輪中継の競技の割り当てをクジ引きで決めるのですが、うちはクジを外しまくり、金メダルが出そうな競技は男子バドミントンくらいなのです。桃田選手が復帰してホッとしていたのに、自分たちで怒らせるようなことをして、スポーツ局の人間はみんなため息をついています」

引用:文春オンライン





【炎上】桃田賢斗会見|無神経な質問にドン引きと批判殺到!

目の前で人が亡くなるという衝撃的な事故に出くわしたのですから、桃田賢斗選手もメンタル的にショックを負っています。

最悪の場合は、質問によってフラッシュバックが起きたり、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症したりする恐れもある状況です。

にもかかわらず、「ラッキーかアンラッキーか」を質問する姿勢は、人としてのモラルを問われますよね。

桃田賢斗選手は、バカな質問に対して不快感を押し殺して冷静に回答。

亡くなった方がいる中で、ラッキーもアンラッキーも考えたこともない

桃田賢斗選手の真摯で冷静な姿勢に、多くの視聴者が賛同しました。





フジテレビ記者に対するネットの反応

【関連記事】

【比較画像】桃田賢斗が傷跡で顔つき変わった?右目の涙袋がヤバイ?!バドミントンの桃田賢斗選手が、事故後に初の会見を開催しました。 そんな桃田賢斗選手の顔つきが変わったと、注目が集まっています。 ...