スポーツ

【比較画像】桃田賢斗が傷跡で顔つき変わった?右目の涙袋がヤバイ?!

バドミントンの桃田賢斗選手が、事故後に初の会見を開催しました。

そんな桃田賢斗選手の顔つきが変わったと、注目が集まっています。

額の傷よりも、右目の下が痛々しいとの噂も。

画像を比較して見ていってみましょう。





【画像】桃田賢斗が会見

バドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)が6日都内で記者会見を開いた。1月マレーシアでの交通事故後、同15日に成田空港に帰国して以来、約2カ月ぶりに公の場に姿を見せた。

会見場にスーツ姿で登場した桃田は報道陣を前にあいさつ。「復帰する際、サポートや激励をしてくれた人に感謝します」と話し、事故当時の様子を語り始めた。

事故当日は午前4時30分に宿舎を出発。眠くて移動のバスの中で寝ていたいという。「(事故の)衝撃で起きた。何がおきたか分からなかった」と振り返った。「本当にケガで動けなかった。たくさんの人がサポートしてくれた」と話した。

桃田は帰国後、都内で精密検査を受け、異常なしと診断されたことから2月3日に代表合宿に参加。4日、代表合宿中にシャトルが二重にぶれて見えるなどの異変を訴え、7日に右眼窩(がんか)底の骨折が判明。8日に手術を受け、13日に退院後は静養を続けていた。2月29日にチームの全体練習に参加し、現在はリハビリを続けながらチームの練習メニューをこなしていた。

東京五輪出場を確実にしている桃田は、今後しばらくはチームで練習を行い、5月以降の復帰を目指す。

引用:日刊スポーツ





【比較画像】桃田賢斗が傷跡で顔つき変わった?

会見では、笑顔を時折見せる桃田賢斗選手。

傷跡が痛々しく見えますね。

また、会見の様子から「顔つき変わった?」という声も、ネット上にはありました。

【比較画像】桃田賢斗選手の顔の変遷【比較画像】桃田賢斗選手の顔の変遷

桃田賢斗選手の、事故前→事故直後→会見(2020年3月6日)です。

【画像】事故前の桃田賢斗

とても綺麗な顔立ちの桃田賢斗選手!

まさに、爽やかイケメンですね!

【画像】事故直後の桃田賢斗

事故直後の映像では、サングラスを付けられていたため、右目の下はわからないです。

とにかく、眉間の傷跡を見ると、胸が痛みますね。

【画像】会見時の桃田賢斗

額の傷は目立たなくなりましたが、右目の下(涙袋)の辺りが、傷跡なのかなと思われます。

事故前と比較すると、顔つきは変わって当然かと思います。





【比較画像】桃田賢斗の右目の涙袋がヤバイ!

桃田賢斗選手、明らかに右目の下が「傷跡」ですよね。

当然、まだ全快状態ではないので、回復していってほしいですね!





桃田賢斗に対するネットの反応

【関連記事】