サーフィン

サーフィン初心者が1人でサーフィンを始める方法!

新年を迎え、今年は何か新しいことを始めようと思っている方も多いと思います。


今回は、サーフィンを始めようと思っている方に向けて、「1人でも始められるよ!」ということをお伝えしたいです。

私自身、最初こそ友達を無理矢理巻き込んで一緒に行きましたが(笑)、自然と1人で通うようになっていきました。

サーフィンスクールや、1人練習についてご紹介していきます!





1人でサーフィンを始めるならスクールが便利!

サーフィンは1人で最初からトライすると難しいので、まずはサーフィンスクールに行くのが手っ取り早いです。

自己流、独学でスタートすると結局遠回りになっちゃいます。

レッスンには、道具レンタルやシャワーが付いて、トータルで5,000円程度です。

インスタラクターから、正しい波の見極め方や乗り方などの「基礎」を教えてもらえますので、楽しくサーフィンをスタートできます!

自己流でスタートする程、しんどいサーフィンは無いです。

私の友人でも独学でやっている人がいましたが、やり方がわからないから、ひたすら波に揉まれるばかり。

サーフィン=辛い、という思い出しかなく、結局やめてしまいました。

スクールをうまく活用すれば、上達の近道になりますよ!

サーフィン初心者が1人で練習する時の注意

上達するには、練習あるのみです!

が、練習する時の注意点はあります。初心者は周りに人がいるポイントで練習するのがオススメです。

初心者としては、「人とぶつからないように、人が少ないとこ無いかな」と思いがちですが、人が少ない場所でのサーフィンは避けた方が賢明です。

危ないポイントだったり、波のレベルが高かったりするためです。

スクールに行けば、スクール近隣のポイントでサーフィンが出来ますし、必ず誰かしらいます。

また、スクールのロッカーやシャワーも使えて何かと便利ですよ!





サーフィン初心者が友人と行く時の注意

私は始めたばかりの頃、上級者に波が高いポイントへ連れて行かれたことがあります。

先輩は、「うめちゃんなら大丈夫だよ!結構パドルも出来ているし!」と言われましたが、正直怖かったです。

まずは、ゲッティングアウト(パドルをして沖に出ていく)のスピードが遅いため、全く進まない。

どんどん沖からの波が自分を目掛けてぶつかってくる。ドルフィンスルーももちろん出来ないので、避ける術も無く、ダメージを蓄積。

やっと波待ちができても、波にうまく乗れないので、何度も波に巻かれました。

終いには、沖からの波と、岸からの波がぶつかる場所で、どちらにも戻れない瞬間を体感しました。

洗濯機にぶち込まれたような感覚で、かろうじて息している、みたいな。笑

というように、先輩や友人の言うことを丸呑みせず、自分のレベルに合った場所で練習しましょう!

 

サーフィン初心者にオススメのポイント

もちろんある程度の波がないと練習にならないので、怖さを感じない程度の場所を選びましょう。

この感覚って結構大事だと思います。誰だって最初はビビるもんです。

私は波が穏やかで面がツルツルしているメローなコンディションが大好きです。

ただし、波のパワーが無さ過ぎると、なかなかテイクオフできないです。

それでも、海にいると気持ち良くて楽しいです。波のポチャポチャとした音と、波のサーッという音に癒やされに行っていると言っても過言ではない。笑

1人でサーフィンをする時は、とにかく無理をせず、少しずつステップアップすればOK!





まとめ

今回は、1人でも始められるサーフィンをご紹介しました。

同じポイントで、1人で練習を続けていれば、顔なじみも増えてきますよ。

サーフィンは最高に気持ち良いですし、楽しいので、ぜひ1人でもスタートしてみてください!

1日1日を楽しむスタンスでいけば、サーフィンライフはどんどん楽しくなっていくはず!

それでは失礼します★