サーフィン

サーフィン初心者の持ち物6選!これさえあれば、大丈夫!

待ちに待った週末、最高の天気。
鼻歌混じりで車から降りて、海へ向かおうとした瞬間、「あ、ボードがない・・・!」。
休みの日に浮かれてサーフィングッズを忘れちゃうこと、ありませんか?
うっかりリーシュコード忘れて、私も購入したことがあります。
痛い出費~泣
今回は、サーフィン初心者の方がサーフィンに行く日の持ち物をご紹介したいと思います。
サーフィンはシンプルなスポーツなので、そんなに沢山の荷物はいりません!
お気に入りグッズを準備してテンションあげていっちゃいましょう!





Contents


サーフィン持ち物1:サーフボード

何と言っても、サーフボードがないと始まりませんよね!
現地でレンタルするのもありですが、1本でも多くいい波に乗ることを目指すなら、やはりマイボードを持っていく方が早いですよ!
最初は中古でも十分です。
なるべく浮力があって長い板をサーフショップの店員さんに相談して選んでもらいましょう。

サーフィン持ち物2:リーシュコード

海に入るためには、リーシュコードはマストアイテムです。サーフィンをする上での重要なルールの1つですので必ずつけましょう。
うっかり1番忘れやすいのがリーシュコードです。
サーフショップやコンビニでも買えますが、4,000円前後するので痛い出費になってしまいます。





サーフィン持ち物3:ウェットスーツ

言わずもがな、ウェットスーツは海に入る初心者には必須アイテムです。怪我やクラゲ、日焼け、冷えから身体を守る役割を果たしてくれます。
多少の浮力もあるため、カレント(強い潮の流れ)に流されてしまった時など、いざという時にも着ていた方が安心です。

サーフィン持ち物4:キーケース、キーボックス

1番安全な方法はサーフショップへ預けること。これに尽きます。
ただ、駐車場からビーチが遠いショップも多いので、なかなか預けられないケースの方が多いでしょう。
そこで多くの人が使っているのが、暗証番号付きのセーフティキーボックスです。
車に取り付けられますので、活用してみてください!
ただし、最近ではスマートキーが普及してきていますので、必ず電気を遮断するミニ袋に入れてから、キーボックスに入れましょう。
簡単に車のロックが解除されてしまいます。
キーボックスはおすすめですが、万能ではないことは頭に入れておいてください!
悲しいですが、車上荒らしがあるのも事実。
不安な方は、アナログキーをサーフィン用のキーケースに入れて、首にかけるか、身に着けておきましょう。





サーフィン持ち物5:水や温水

海から上がった後に浴びます! ひとしきりサーフィンして、海から上がった後に浴びる温水は最高に気持ちいいですよ。ポリタンクにたっぷり入れていきましょう。
2リットルのペットボトルも便利アイテム!身体を洗うのに、ペットボトルだと簡単にかけられるのでgood。夏は、水を入れて車内に置いておくだけで温水に変わります。
電動シャワーもよい投資かと思います!かなり楽です。
ショップやポイントのシャワーを使うという方法もありますが、シャワーがついているサーフポイントは稀です

サーフィン持ち物6:飲み物

サーフィンをしていると汗をかいている感覚がほとんど無いのですが、照りつける太陽や激しい運動で体内の水分は激しく枯渇していきます。
飲み物は、必ず500ml以上は準備していきましょう。
真夏には塩分も取れるようなスポーツ飲料がおすすめです。想像以上にサーフィンはハードです!笑





まとめ

他にもまだまだアイテムはありますが、今回はミニマムの持ち物を紹介しました!これさえあれば、サーフィンはできます。
ぜひ、このアイテム6種を呪文のように唱えて、忘れ物を撲滅していきましょう!
みなさまの素敵なサーフィンライフをお祈りします!それでは、アディオス★